住宅型有料老人ホーム「モナトリエ」スタッフBlog

住宅型有料老人ホーム「モナトリエ」スタッフBlog

【お楽しみ会~アルパカさんコンサート~】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2019-12-21 (土)

歌と演奏、おしゃべりで
心温まる楽しい、ひと時。

11月のお楽しみ会にお迎えしたのは、アコースティックユニット「アルパカ」のお二人。本番前から、早めにお席に着かれた方々とおしゃべりに花を咲かせていたためか、「はじめまして。アルパカと言います。私たちは…夫婦」と、少しおどけて開演のご挨拶をするエナさんに、「どっちが主役?」とすかさず質問が飛び出します。「どっちと思う?」と返され、多くの方が一斉に「こっち!!」とエナさんを指さし、会場は瞬く間に打ち解けた雰囲気に。
つくちゃんのギター伴奏で始まった1曲目は『リンゴの唄』。のびやかな明るいエナさんの歌声に、大きな拍手が送られます。2曲目は、『涙そうそう』。ゆったりと温かなギターの音色と歌声が、会場を優しく包み込みます。

 次に、登場したのはアイルランドの民族楽器「アイリッシュホイッスル」。指穴が6個しかない縦笛で、どうやってドレミファソラシドを鳴らすのか、つくちゃんが実演。息の強弱で音が変わる様子に、またもや拍手が上がります。このアイリッシュホイッスルで披露されたのは、アイルランドの曲『サリーガーデン』と『庭の千草』。前奏が始まると多くの方が深く頷き、歌声やハミングが会場いっぱいに広がります。


曲の合間に、今までどんなところに音楽を届けてきたかを話すエナさん。その中に昭和館の名前が出ると皆さん口々に「すぐそこ!!」「裏!!」と指をさす盛り上がりようです。次にエナさんが取り出したのは、なんとスプーン。2本を背中合わせにしてカスタネットのように使うそうで、アイリッシュホイッスルと一緒に、ダンス曲「ポルカ」の始まりです。心弾む軽快なリズムに合わせる皆さんの手拍子も、演奏につられ徐々に速くなります。
 この日、披露されたのは全9曲。楽しいおしゃべりもあり、あっという間の1時間。「もう一度来ていただけたら」との声も聞かれた心温まるひと時となりました。


アコースティックユニット「アルパカ」
ギター歴32年のつくばさとしさんと、歌い続けて18年のエナさん。アルパカの毛糸のように音楽で人の心を温かくしたいと2006年に「アルパカ」を結成。「お誕生から旅立ちまで」をコンセプトに、助産院から、幼稚園、保育園、病院、飲食店、商業施設、映画館、葬儀場など、生活の場に音楽を届ける。来年1月18日には門司港レトロにある錦町市民センターで公演。つくちゃんは、ギター、ホイッスル、ウクレレの指導も行う。門司区在



インスタグラム始めました。

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


【洋服の移動販売】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2019-12-21 (土)

11月半ば、モナトリエ初の試みとして、洋服の訪問販売を開催しました。カーディガン、セーター、肌着、帽子、マフラーから、靴や杖など品揃えは百点ほど。ゆっくりご覧いただけるようお買い物は数人ずつの入れ替え制です。


店員さんとモナトリエスタッフもお見立てのお手伝いをしましたが、皆様がお選びになるポイントは、脱ぎ着のしやすさはもちろん、デザインと色。ビーズなどキラキラした飾り付きや、明るいピンク系のものを試着されては、「これどう?」「似合うかね?」と、ご家族やお仲間、スタッフと相談しながらうれしそうにお買い物。早速日々のおしゃれに取り入れていらっしゃいます。
外出してのお買い物が難しい方にも、ご自身で選ぶ楽しさを感じていただけた今回の催し。皆様のご要望を取り入れつつ、次回は春頃に開催の予定です。



インスタグラム始めました。

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


【クリスマスツリー飾りつけ】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2019-12-21 (土)

今年のクリスマス準備、第一弾はツリーの飾り作りです。まずは、折り紙に型紙から円を写し取り、線に沿って丸く切り半分に折ります。このパーツを8枚作り、直線部分を中心に集め球体になるよう貼り合わせるのですが。
「単純な作業かと思いつつ、ちょっと難しいですね」と、リハビリも兼ねた作業に集中する皆様。最初は8枚とも赤色で仕上げていましたが、途中から「赤、金、赤、金と交互にしたほうがいいんじゃない」とのご提案を受け作ってみると、キラキラ輝いて一層、良い感じです。




力作ができた12月初め、いよいよツリーに飾ることに。昨年までに皆様で作った飾りも使い、ツリーは年々モナトリエらしくなっていきます。他にもポインセチアの貼り絵、ミニツリーなども順次制作中。今年も良いクリスマスが迎えられそうです。

インスタグラム始めました。

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


【お楽しみ会~弾き語りコンサート~】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2019-11-27 (水)

10月のお楽しみ会は、ギターとキーボードを使った弾き語りコンサートです。開演を前にステージの横には、すでに数名の方がお集まりに。「きれいねぇ」とご覧になっているのは、本日のゲストがお持ちになった秋桜やススキのアートフラワー。まさに花を添える粋な演出は、ゲストの奥様のお手製だそうです。

「こんにちは。私の名前は吉田です。吉田と聞けば?」の問いかけに、すかさず会場からは「茂!!」の声。「正解!!」と吉田さん。「今日はオリジナル曲が主ですが、聞いていただければと思います。まず最初は『ふるさとの風』。歌詞を聞いてどこかなぁって思ってもらえれば」。郷愁を誘う柔らかなメロディーに乗り聞こえるのは、♪祇園の山笠、宿場の香り、遠賀川、五平太舟…♪「私が生まれたのは木屋瀬という所。ご存知ですか?」と尋ねる吉田さんに、「木屋瀬知っとるよ!!」と大きな声が返されます。


 オリジナルソングの多くは、長年にわたるご両親の介護の日々から生まれたものだと吉田さん。歌詞の背景となった出来事をユーモアを交えながら話す曲紹介で、オリジナル曲にもかかわらずステージに引き込まれる皆さん。お世話する際の巧妙な掛け合い、相手を思う気持ちなど、親子で過ごす光景が目に浮かぶ穏やかな楽曲に大きな拍手が送られます。
 続いては、吉田さんの父が国鉄勤務だったことにちなんで『汽車』。♪今は山中 今は浜~♪でお馴染みの軽快な曲に合わせ、体を揺らしてリズムを取る方も。♪なんでこんなに可愛いのかよ~♪の『孫』が始まると、それぞれの思いを胸に静かに聞き入ります。
 そして、再びオリジナルソング。『ぼくの想い』は、胎児性水俣病患者さんの詩に吉田さんが曲を付けたあたたかな恋の歌。吉田さんが育った遠賀川川筋の人の道を歌った『川筋気質』で、コンサートはお開きに。終演後は、楽器経験者の方との音楽談議が和やかに続きました。


弾き語りボランティア 吉田茂さん
昭和22年、八幡西区木屋瀬生まれ。現在は中間市在住。53歳の時、両親と義母の介護のため会社を早期退職。介護と並行してご自身はギターを、奥様はアートフラワーを始める。キーボード歴は約10年。水俣病関連の音楽祭への応募で誕生した曲『ぼくの想い』は、環境省主催の啓発行事の際に東京でも披露。中間市生涯学習センターの「いきいき歌声教室」での月4回の伴奏は、間もなく5年目を迎える。

インスタグラム始めました。

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


【外出レク~コメダ珈琲店へ~】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2019-11-27 (水)

11月の外出レクリエーションは、小倉南区守恒にある「コメダ珈琲店」でのティータイムです。「去年も行ったね。また行けるの?」と、外の空気や景色が楽しめるお出かけに、うれしそうなご様子。職員が事前に用意したメニューを見て「これがいいかなぁ、あなたは何にする?」とおしゃべりも弾みます。



数日に分けお連れするのですが、勝山公園の横を通った日もあり、車窓から平成中村座の特設芝居小屋や色鮮やかな幟を見て、「わぁ、ここなのね」と皆さん。お店に着くと、もう一度メニューを確認。ミルクコーヒーやクリームソーダの他、多くの方が選んだのは、モンブランのケーキセット。先発隊の楽しかったご報告は、すぐお仲間に伝わり「私も早く行きたいな」「いつ行けるの?」と、心待ちにしていただいております。


インスタグラム始めました。

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


More...

住宅型有料老人ホーム「モナトリエ」スタッフBlog

タグクラウド
検索
購読
ナビゲーション

ページの先頭へ戻る▲