住宅型有料老人ホーム「モナトリエ」スタッフBlog

住宅型有料老人ホーム「モナトリエ」スタッフBlog

【尺八リモート演奏会】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2020-07-24 (金)

イベント自粛期間中に、モナトリエ初のリモート演奏会を開催しました。ご出演は、毎月お越しくださっていた尺八の坂口先生です。

大きなテレビを前に、「これは生中継ですよ」とスタッフがお声掛けすると、「わぁ~そうなんですね」と、一斉に拍手が上がります。画面の向こうから、坂口先生と歌担当の奥様が、皆様のお名前を次々に呼び、こちら側では「先生!先生!」とテレビに近づき手を振る方など、久々のコミュニケーションに心弾むご様子です。
プログラムは、「東京キッド」や「川の流れのように」など、「美空ひばり特集」と題した全12曲。リモート演奏は「すごく楽しかった」「面白いねぇ」「新しいねぇ」など、多くの感想がいただけましたが、一日も早くコロナが終息し最初で最後のリモート演奏会となることを願っております。

インスタグラム始めました

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


【リハビリ専門職の取り組み】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2020-06-26 (金)

体力維持と健やかな日々に向けて、
レクリエーションやマッサージも。

モナトリエが力を入れている専門職によるリハビリについてお知らせしたく、インタビュー形式でお伝えすることにいたしました。


――外出自粛が続いていますが、リハビリの対応はどのようになっていますか?

(理学療法士)/以前はよく外出されていた方が、コロナの影響で外出できなくなっています。ご本人はとても意欲的ですし、この自粛中に体力が落ちないよう、屋内で無理なく続けられる運動を取り入れ、外出できるようになった時に不自由のないように支援していきたいと思っています。

(作業療法士)/全体的なこととしては、集団体操のメニューを新しくしようと考案中です。現在の体操は、身体機能に特化したものですが、日常生活の動作に特化した運動ができないか、リハビリスタッフで検討を重ねています。



――レクリエーションやマッサージもリハビリの一環かと思いますが、どのような取り組みを。

(作業療法士)/はい、レクリエーションは治療手段の一つとして月に数回開催し、日常生活や社会活動の支援、運動機能の維持に役立てております。最近では、「ペットボトルバッティング」を行い、上肢や体幹の筋力・可動域・把持動作に着目したプログラムをご提供したところ、爽快感も得られるため、男性のご利用者様にも積極的にご参加いただくことができました。今後も動作分析をもとにした活動種目の選択や実施方法を選定し、皆様に楽しんでいただけるプログラムをご用意したいと思っております。

(あん摩マッサージ指圧師)/マッサージ師としての見解ですが、お身体にとって必要なリハビリでも、マシンを使った筋力トレーニングなどは気が進まない方も多いと思うんです。例えば「リハビリを頑張りましょう。その後は気持ちのいいマッサージですよ」とお声掛けさせていただいたり、またマッサージで筋肉の緊張感がほぐれることで動きのパフォーマンス等も上がると思いますので、相乗効果でプラスに向かうのではないかと考えています。

――リハビリの際に、心掛けていることは?

(あん摩マッサージ指圧師)/僕自身が、大病で歩行が困難になり、入院してリハビリを受けたことがあるんです。そのため、当時の経験やリハビリの辛かった気持ちなど思い出しながら、皆様に寄り添っていきたいと思っています。



【屋上散歩】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2020-06-26 (金)

 外出自粛が続く中、なんとか外の空気に触れ、日の光を浴びていただきたいと、6月初めに屋上開放を行いました。
密を避けるために、ご案内は時間差で少人数ずつ。初めて屋上に上がられた方も多く、「わぁ、こんな風になってるのね」、「あそこが小倉城ならこっちが井筒屋だね」と地上11階から、慣れ親しんだ小倉の街を見渡します。「立って見たいわ」とおっしゃる車いすの方は、職員がお手伝いし皆様と同じ目線で開放的な景色をお楽しみいただきました。



この時期、屋上ではフワフワと幻想的な赤い花を咲かせるスモークツリーが満開。「こんなの初めて見た」「やっぱり、緑はいいわねぇ」とお喜びいただけた屋上開放。コロナが落ち着くまでは、少しでも気分転換を図っていただけるよう、時々開催していく予定です。



インスタグラム始めました

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


【マスク作り】モナトリエ・デイサービスセンター

  • 2020-06-26 (金)

マスク不足を補うため、手芸がお得意な方々とマスク作りを続けています。
材料は、ご利用者様が寄付してくださった色とりどりの生地です。型紙に合わせて生地を切り取る際には、「柄の方向はこれでいいの?」「これサイズが違うのはなぜ?」とスタッフに確認すると、あとは黙々と作業に集中される皆さん。


裁断後のミシンかけはスタッフが行い、それを表に返しアイロンをかけるのは、また皆様の出番です。「次は何するの?」「ミシンはできた?」と、次々に尋ねられスタッフも必死。「自動ミシンはよく分からないから、そばで見ていて」とおっしゃりながらとてもお上手に縫う方がおられ、ついにはミシンかけもお手伝いいただくことに。

そして先日、全員分が完成。カラフルなマスクが皆様の日々に彩りを添えてくれますように。



インスタグラム始めました

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


【デイサービスモンテラッセご紹介】モナトリエ

  • 2020-06-05 (金)

モナトリエのもうひとつの施設から、モンテラッセデイサービスのご紹介です。
四季折々に美しい表情を見せる鷲峰山、魚や水鳥が悠々と行き交う紫川など豊かな自然に恵まれた小倉南区蒲生に、約2年半前にオープンしました。
内装には、前回お伝えしたグループホームと同じく、無垢材や珪藻土、畳など多くの自然素材、空調には、空間全体を穏やかに冷やしたり暖めたりする体に優しい「輻射熱冷暖房」を使用。壁面いっぱいに広がるガラス窓から、柔らかな日差しが降り注ぐテラスの向こうには、季節の花や野菜が健やかに育つ菜園が広がります。


こちらのデイサービスをご利用いただけるのは、1日最大12名。小規模のため、スタッフがマンツーマンに近いかたちでご利用者様に対応することが可能です。日々の家事やレクリエーションなどを通した効果的な認知症ケアを行う際、何より大切にしているのは、ご本人のかつてのお仕事や趣味など得意分野を生かし、それぞれに応じた多彩なプログラムをご用意すること。モナトリエ同様、リハビリ専門職である作業療法士と理学療法士がいるため、専門的な知識や技術を生かしながら、おひとりずつのお身体の状態を細かく把握し、意欲的に日々をお過ごしいただけるよう、介護職員と連携し様々なアプローチを展開しています。
例えば細かい作業が必要とされる職人さんだった方には、ハサミを使った写真の切り抜きをお願いすると、微笑みながらとても正確に作業していただけたり、園芸がお好きな方は、「ほら、こうやるのよ」とスタッフを先導するように、あっという間にさつま芋を収穫してくださったり。菜園は実際の作業が難しい方にとっても、「きれいねぇ」「良く茂ったね」など、植物の成長を眺めていただける憩いの場となっております。また、収穫がある時期には、それを使って皆様が調理に参加される日もあり、先日は間引いた人参を使い混ぜ込みごはんを作っていただきました。


そして、「お出かけ」も皆さんの大好きなお楽しみです。バラをはじめ季節の花が楽しめる「総合農事センター」や回転ずしでの外食も人気ですが、以前、いちご狩りの風景をお見せしようとお連れした際には、見学だけのはずが「せっかく来たのだから、やってみたい」との声が上がり、急遽いちご狩りに挑戦していただいたことも。これからも、できる限りご要望に沿いながら、楽しく穏やかな日々をご一緒に過ごしてまいりたいと思っております。


インスタグラム始めました

そちらも、ご覧いただければ幸いです。
https://www.instagram.com/mona5125213


More...

住宅型有料老人ホーム「モナトリエ」スタッフBlog

タグクラウド
検索
購読
ナビゲーション

ページの先頭へ戻る▲